2015年03月08日

15年越しのトラウマ

2月、艦これでは冬イベント海域が実装されていましたが……

残ったヲ改は那珂ちゃんが美味しくいただきました

甲甲乙丙丙と後半は難易度を落としたものの無事完走。
E-3以降のゲージを全て嫁艦が叩き割ってくれて大満足の神藤です、こんばんは。
(上のSSはE-3乙の突破シーン、ダメージが綺麗に撮れたので採用)

さて、今日の話題は艦これではなく別のゲーム。
ちょうど冬イベの最中に発売された、あるリメイク物でございます……

そのタイトルは、ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D
2000年にN64で発売されたゼルダシリーズの、3DSリメイク版です。

「同じ3日間を繰り返して先へ進む」というストーリーや、
ダンジョンの数が少ない代わりに寄り道が充実しているなど、
シリーズの中でも異色の作品。
謎解きの難易度はかなり高く、時間制限と共に緊張感を高めます。

15年前にオリジナルをさんざんやり込んだ記憶がありますが、
紹介ムービーでボス戦が一新されていることを知り、購入に至りました。
というわけで、そのボス戦の変更点を書き出してみます。


オドルワ(ウッドフォールの神殿)
 もともと正攻法が分かりづらかったが(存在しなかった?)、
 リメイクで「何をすればいいか」が非常に明確に。
 64版と比べかなり倒しやすく、最初のボスらしくなっている。

ゴート(スノーヘッドの神殿)
 特に変化なし
 強いて言えば、転倒させてからの追撃で弓を使うと良いくらいか。

グヨーグ(グレートベイの神殿)
 64版のトラウマ候補筆頭は、リメイクでもやっぱりトラウマ製造機。
 とはいえ、足場と水中を往復する必要がなくなったぶん楽になり、
 手順をしっかり理解すれば、討伐にかかる時間は短くなる。

ツインモルド(ロックビルの神殿)
 ある意味今回の目玉
 64版では巨大化して剣で斬って倒すゲームだったが、
 リメイクでは己の拳で叩き潰してプロレス技をかけるゲームに。
 技を決めてからいちいちポーズを取るリンクの姿がシュール。


総じて、オリジナルより倒しやすくなっています(簡単になったとは言っていない)。

また、ボス戦以外にも「簡単にはせず、遊びやすく」する工夫がされており、

・ボンバーズ団員手帳が見やすく、行動スケジュールまで記入される。
 初日に戻った時点でもらえるので、再度かくれんぼをしなくて良くなった。
・手に入る空きビンが1個増えた(オカリナが別枠になって空欄ができたから?)。
 早めに手に入れておけば、グレートベイ地方での卵集めが少しだけ快適に。
・ウッドフォールのトラウマ大妖精が、大回転斬り→魔力2倍に変更。
 魔力消費が激しいスノーヘッドの攻略がだいぶ楽になっている。
 (もちろん、大回転斬りはスノーヘッドの大妖精から手に入る)

などなど。
後、個人的に気になったのが……(EDネタバレにつき以下反転)

めおとのお面入手時の結婚式で、64版ではカーフェイがアンジュと並んでいたが、
リメイクでは姿を消している(おそらくカーフェイ視点になっている。)
「子供のままかよ!」というツッコミへの対応だろうか?


(反転ここまで)

と、紹介はこんなところ。

ついでに、任天堂公式の「社長が訊く」を流し読みしてみたら、
「ごまだれ〜」がまさかの社長公認?に……
posted by 神藤 at 22:35| Comment(0) | ゲームのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。